こんな感じで取壊します。 解体ライブカメラ設置
お家を解体するときには
   思い切って捨てましょう。

長年住みなれた家でも新しくするときが来ました。家の歴史が皆様の家族の歴史でしょう。
思い出の物はございますか?捨てるものはどれですか?
でも、せっかく建て替えて新しい歴史をこれから創りあげて行くのですから、お施主さん、
思い切ってください。
公共施設をご利用して、一般廃棄物として処分をなされば費用は安く済みます。
但し、運ぶ手間や片付ける手間が必要です。過去に、古たんすを処分されようとして
運搬中にお怪我をされた方がおられました。
業者であれば安全に全て処分できます。お気軽に利用してください。
   したほうが良い事

 井戸があればお払いをしましょう。

 宗教的な根拠はわかりませんが、そこに水がたまっていたわけですから後々陥没の危険が
 あるかもしれません。場所の確認のためにもする方は多いです。便層も同様です。
 竹筒を入れて置く方がおられます。
   ご近所へ

 業者も致しますが、ご近所へ事前にひとこと報告をしてください。
 工事車両等ご迷惑をおかけするわけですから。
   不用品は事前に出来るだけ公共の処分をご利用ください。

 別途ご請求になってしまいます。
 大きな物など運搬が難しいものは業者に任せましょう。
   使うものを保管しておくには

 愛着のある品々は、置き場所を確保して下さい。コンテナ等、安全な場所に移しましょう。
 業者も用意致します。数ヶ月は置くわけですから大切に保管しましょう。
 但し、あまりにも新居に不釣合いなものは思い切って処分しましょう。
  その他

(ペット)
 動物は慣れない騒音を大変怖がります。離しておいてください。


(ご見学)
 解体作業は万全を期すことは当然ですが、予期せぬ倒壊があるかもしれません。
 作業見学は離れた場所で。
 一部でも解体したら、家屋への侵入は大変危険です。作業員の指示に従ってください。

(処分費用)
 廃材処分代金は大変高価です。あまりにも安価な工事金額では業者は、処分金額まで
 捻出できない可能性があります。適正な廃材処分料金をご理解ください。

(お見積)
 営利目的企業ではありますが、露骨な競合見積は前記の問題にもなりかねません。
 下請けで入る、業者間での作業とは違います。綿密な打ち合わせや、ご近所への
 ご挨拶もございます。また、トラブルにも迅速に対応しなければなりません。
 どうぞご理解下さい。

(保険)
 優良業者は工事請負賠償保険に加入しております。万一の事故にも迅速に対応致します

(リサイクル)
 古物商対応の専門家も紹介できる業者があります。ご相談下さい。

(お気遣い)
 作業員は作業が仕事です。お気使いは大変ありがたいものですが、なくてもいっこうに
 差し支えありません。解体の出来映えはあまり変わりませんから。
以上、当社が作業をするにあたって気が付いた事項です。随時更新を致します。
常にお施主の立場になって考えて作業をしたいと思います。
また、鉄骨造やコンクリート住宅の解体も承りますのでご用命下さい。
TOPページに戻る