災害救助用レスキュー機材 Rescue 
                          MURATAHATSURI Co.,ltd 有限会社 村田斫り
 TOPページ 
 施工業者向け情報
 
※ご注意

 
解体用機材ですが、応用により災害救助などに使用できます。
 緊急を要し、且つ通常救出機材の補助や現地までの到着時間が短い場合等、
 あくまでもレスキュー隊への緊急作業補助やお手伝いと考えております。

 
なお、災害発生時は状況に応じて、当社からも可能な限り助言を申し上げます。
 
 災害利用例  使用機材 方法 時間
 コンクリートへの開口  
ハンドブレーカーによる斫り
 150oから200o程度の厚さであれば、救出用の穴(約700o四方)
 開口が、30分程度で可能。

 (実績例)阪神大震災後、西宮警察署、重要書類搬出用開口作業

 重量物移動  
水圧板ジャッキ
 巾5oの隙間へ板ジャッキを差し込み、50o巾まで広げる。
 最大荷重300t 開き時間30秒程度。


油圧ハンドクラッシャー
 手持ち油圧ポンプの圧力により重量物を引き移動可能。
 15t〜37t以上。移動距離、170o〜310o/1回閉じ毎

 
 連絡先
TEL(053)436-6422
FAX
(053)438-3085
静岡県浜松市豊岡町27−12